千年以上を生き、あらゆることをやり尽くした妖狐は、現代の世で暇を持て余していた。 妖狐は眷属の妖狼に今日も問う。 「なんぞ消閑の具を挙げよ」 と―――。 少女の姿をした妖狐と、少年の姿をした狼による、ひまつぶしコメディー☆
話を読む本日公開漫画一覧
無料で漫画を読む方法

''
''

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Web漫画ランキング

クリックしてもらえると頑張れます!