この吹奏楽部にはある“ルール”が存在する……。 どこから話そうか。そうだ。 僕は毎日演奏する事が楽しかっただけなんだ。 超名門と呼ばれている僕たちが所属する吹奏楽部。 顧問の松田先生は、世界的にも有名なピアニストだ。 有名な音楽団や大学への推薦を山ほど持っている。 でも、部員たちは毎日松田に暴力を奮われていた。 絶対的権力を持つ松田に逆らえる者は、この学園にはいない。 そう……あの日は、ほんの軽い気持ちでいたずらを仕掛けたんだ……。
話を読むTopに戻る

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Web漫画ランキング

クリックで更新speed up!