母を弔ったその日、彼女に出会った。希望なのだと、そう感じた。忙しない毎日のなかで、俺を支えてくれたのは八代京子だった。──八代がいれば、俺は生きていける。そんな彼女と一線を超えようとした夏の日、たどり着いた先は、絶望の支配する“楽園”だった。地下労働、腐った食事、狂信的な信者たち。絶望の楽園から脱け出すため、偽りの信仰を捧げ、全てを騙せ──!
話を読むTopに戻る

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Web漫画ランキング

クリックで更新speed up!