時は江戸末。天性の舞の才を持つ鵙屋琴は病で失明し、やむなく音曲の道を選ぶ。 丁稚の佐助は、琴の世話を献身的に行いつつ琴の弟子となるが、 彼を待っていたのは甘美な地獄だった――。
話を読むTopに戻る

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Web漫画ランキング

クリックで更新speed up!